MTOS 一覧

趣味のブログのほうですが、最近やっと気付いたのですが、一部配信ができていないところがあって、あれって思ったら、RSSをMT5では生成されていないのが、判明!!

 

って今更だって!!! と自分に突っ込みを入れたくなりました。

 

ちなみに、ATOMでは配信されています。

 

RSSとATOMって一体全体なんだ?っていうと、ブログや、ウェブサイトの更新情報をまとめて、配信する方式ですが、これを、例えばブログ村とかに配信するのですが、MT5はATOMはあっても、RSSがない。ブログのまとめサイトでは、RSSに対応していても、ATOM対応していないところもあるため、両方で配信する必要があるのですが、それをすっかり怠っていました。

 

反省です。think

 

ちなみに、RSS配信をMT5でする方法ですが、Movable Type 4.2以降でRSS 2.0のフィードを配信する  を参照しました。MT5でもこのままいけました。

 

記事を書いてくれたからありがとうございますconfident

 

もしよろしければ、ランキングにご協力ください。下記をクリックしていただくと、同じテーマでブログを書いている方たちのブログも見れます

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

ホームページの全面更新作業をしていた時に、MTOSのテーマを新しく適用したら、全然適用できず、書いてあった内容もうまく反映されませんでした。しょうがないので、一回全部消して新たにページを作るってめんどくさい事になりました。

 

ただ、テスト用で、新しいテーマを適用したページを作ってあって、記事もそこにすべてコピーしてあったので、それを、すべてまた、コピーして貼り付けるだけで済んだので、1時間ぐらいで作業は終了しました。

 

前から言っているのですが、やっぱりバックアップは改めてとても大切な事だなって感じた自爆事件でした。これからも慎重に作業しよっと。

 

自分の趣味のブログで、コメントしやすいように、一回承認を無しにしたら、鬼のようにスパムが来るようになって、1日でスパムを削除ってやってみたのですが、一日で3000通以上のスパムが・・・・・shock

 

ゲンナリですshock。    それで、コメントがしづらくなってもいかんかな~~と思って導入を見合わせていた画像認証の『CAPTCHA 認証』を入れることにしました。

 

変形した英語が表示されて、それと、同じように入れないと、コメントを入れる事ができなくなっています。(ダウンロードサイトでもよくありますよね)

 

少し不便になりましたが、ご勘弁ください。

 

 

MTOSでウェブページを、作成して、googleのためのサイトマップでない、来訪者用サイトマップを作るときに、リンクを一つ一つ作成するのが、めんどくさいsadので、自動でできないかなって思って、色々な参考にしてから作ってみました。

 僕の場合は表示させたくないページもあったので、ちょっと特別なやり方になりました。

参考にしたサイトは、こちらです。

MTOS(MT5) ウェッブサイトで特定フォルダ内の一覧を作る

Movable TypeでMTPagesタグとMTEntriesタグを入れ子にして動作させる方法

 

 

これらと、MTのマニュアルから作ったのがこれです。

<mt:Pages sort_order="ascend" folder="NOT test">
  <mt:PagesHeader>
<ul class="sitemap">
  </mt:PagesHeader>
  <li class="sitemap"><a href="<mt:PagePermalink />"><$mt:PageTitle$></a></li>
  <$mt:PageTitle setvar="page_title"$>
  <mt:PagesFooter>
</ul>
  </mt:PagesFooter>
</mt:Pages>
 

CSSでは、新しくsitemap用のものを作ったうえで、適用しています。

 

sortでは、実際に、メニューで表示したい順にページを作成したので、昇順なるようにします。

メインページにどうしても、ウィジェットでメインページ入れ込むページを別に作成したいた、フィルタをしないとメインページと別名で、内容が同じ物がリンクで表示されるため、入れ込むページを別フォルダで作成し、NOTをつけることにより、表示させないようにしました。SEO上大丈夫かまだ分かりませんが、一応こんな感じでできました。

 

 

このサイトもそうですが、フリーで使ってよいテーマをもとにして、改造しているのですが、そういう時に、IEやFireFoxで、表示させた場合に、タブに作成した方のサイトの画像が表示されることがあります。

気にしない人は、一向に気にならないと思いますが、やっぱり変えたほうがよいと思ったので、記述しておきます。

MTでいうと、適用したテーマ等で変わってきますが、基本的には、テンプレート内の、ヘッダー関係のモジュール(僕の場合は、スマホと共有のヘッダーがあり、その名前がheadershareとなっていますが、ふつうは、「ヘッダー」とか「HTMLヘッダー」とかだと思います。

 

この中に

<link rel="shortcut icon" href="<mt:BlogRelativeURL>img/share/favicon.png" />

ってありました。ここのfavicon.pngの場所に同じ名前で、違う画像をFTPで送りこんで、再構築してやればOKです。

 

 

 

いや~~wobbly、なんだか苦労したけど、なんとかこのブログを、スマホに対応させる事ができたような気がします。

 

MTのテーマを変えて、CSSを改造して、ウィジェットも追加したりとか色々やってみました。去年に比べてはさすがに、MTが分かってきたような気がします。

(と言っても、素人に毛が生えたレベルなのかも・・・って、たまに自分の覚えの悪さと、要領が悪い事に失望する事がありますが・・・coldsweats01

 

その際ですが、SSIを使う必要が出てきたので(使わなくても大丈夫って、テーマを作成した作者がおっしゃっていたのですが、再構築中に

エラーがでてしまったので、色々調べていたのですが、.httaccessに、以下を追加すれば回避できました。

AddHandler server-parsed html

 

これは、apacheの設定を昔やって時に、調べたのをやっと思い出した感じで、久しぶりにapacheの事を勉強して、「そうそう、httpd.confの中に、これを有効にするかしないかとか、あったな~~」って少し思い出しました。

 

ちなみに、僕の場合は、レンタルサーバが、ロリポップの為、上記の一行ですんだのですが、他のレンタルサーバは、確認してからやった方がいいですよ。

 

SSIの事は、@ITの記事にわかりやすい解説がのっていました。

 

次回は、あっているかどうかいまいち、自身がありませんが、リダイレクト用のhttaccessについて書けたらいいなって感じです。

 

 

サイトの携帯表示を、MTOSでやっている為、今までやっていませんでしたが、mt4iってやつβ版ですがMT5に対応(β版なんで正式版ではもちろんないでしょうが)したとの事で、入れてみて表示がうまくいくかやってみました。

 

結果を、うまくいきました。 ただ、現在は表示させただけで、他に設定しないといけない事が多々ありますので、それを後でまとめて、記述しようと思います。

 

インストール方法ですが、

MT4i公式サイト

携帯用ページを自動生成するプラグイン「MT4i」のインストール手順

を参考にしました。

 

ただ、インストール際に、『MTホームディレクトリ』の位置をレンタルサーバの契約情報を確認してから、指定したのですが、違っていたみたいで動作させたら、500エラーがでました。

 

その際のエラー情報から実際のパスがわかったので、それを参照してホームディレクトリを記述しなおしたら、無事に動作しました。レンタルサーバによって、CGIの権限やディレクトリの権限も違いますので、そこも確認してから入れた方が良いとも思います。

 

並行して、スマホ対応の為の方法もやっていこうと思っています。

 

 

 

 

 

sitemapの更新を、webサイト上でsitemap.xmlを作成して、FTPでアップしていたのですが、いい加減面倒臭くてしょうがなかったので、色々検索しました。

 

ソフトを使ったり、MT4の頃のテンプレートを作成する方法等がありましたが、どれも満足する結果が出なくて困っていたのですが、カウスの水先案内人というサイトの方が書いて下さった記事が、僕にとっては、ビンゴ!!って感じで、思った通りの結果がでました。

 

作者の方、ありがとうございます。confident 大変助かりました。

 

テンプレートに、新規作成で、sitemap作成用の物を書くわけですが、僕自身は、まだ、中身に関しては解析できていないので、これから、ちゃんと見てみようと思っています。

 

ちなみのほぼコピペでしが、新しいテンプレートを作成で、下記のように記述しました。

<mt:Ignore><!-- 繰り返し処理用 --></mt:Ignore>
<mt:SetVarTemplate name="CREATEURL">
<url>
<loc><$mt:ArchiveLink encode_xml="1"$></loc>
<mt:Entries lastn="1" sort_by="modified_on"><lastmod><$mt:EntryModifiedDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S"$><$mt:BlogTimezone$></lastmod></mt:Entries>
<priority>0.5</priority>
</url>
</mt:SetVarTemplate> <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9">
<mt:Blogs include_blogs="children" include_with_website="1">
<url>
<loc><$mt:BlogURL encode_xml="1"$></loc>
<lastmod><$mt:Date format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S"$><$mt:BlogTimezone$></lastmod>
<changefreq>daily</changefreq>
</url>
<mt:IfArchiveTypeEnabled archive_type="Individual"><mt:Entries lastn="9999"><url>
<loc><$mt:EntryPermalink encode_xml="1"$></loc>
<lastmod><$mt:EntryModifiedDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S"$><$mt:BlogTimezone$></lastmod>
<priority>1.0</priority>
</url></mt:Entries></mt:IfArchiveTypeEnabled>
<mt:IfArchiveTypeEnabled archive_type="Page"><mt:Pages lastn="9999"><url>
<loc><$mt:PagePermalink encode_xml="1"$></loc>
<lastmod><$mt:PageModifiedDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S"$><$mt:BlogTimezone$></lastmod>
<priority>1.0</priority>
</url></mt:Pages></mt:IfArchiveTypeEnabled>
<mt:IfArchiveTypeEnabled archive_type="Yearly">
<mt:ArchiveList archive_type="Yearly"><$mt:Var name="CREATEURL"$></mt:ArchiveList>
</mt:IfArchiveTypeEnabled>
<mt:IfArchiveTypeEnabled archive_type="Monthly">
<mt:ArchiveList archive_type="Monthly"><$mt:Var name="CREATEURL"$></mt:ArchiveList>
</mt:IfArchiveTypeEnabled>
<mt:IfArchiveTypeEnabled archive_type="Weekly">
<mt:ArchiveList archive_type="Weekly"><$mt:Var name="CREATEURL"$></mt:ArchiveList>
</mt:IfArchiveTypeEnabled>
<mt:IfArchiveTypeEnabled archive_type="Daily">
<mt:ArchiveList archive_type="Daily"><$mt:Var name="CREATEURL"$></mt:ArchiveList>
</mt:IfArchiveTypeEnabled>
<mt:IfArchiveTypeEnabled archive_type="Author">
<mt:ArchiveList archive_type="Author"><$mt:Var name="CREATEURL"$></mt:ArchiveList>
</mt:IfArchiveTypeEnabled>
<mt:IfArchiveTypeEnabled archive_type="Author-Daily">
<mt:ArchiveList archive_type="Author-Daily"><$mt:Var name="CREATEURL"$></mt:ArchiveList>
</mt:IfArchiveTypeEnabled>
<mt:IfArchiveTypeEnabled archive_type="Author-Weekly">
<mt:ArchiveList archive_type="Author-Weekly"><$mt:Var name="CREATEURL"$>
</mt:ArchiveList>
</mt:IfArchiveTypeEnabled>
<mt:IfArchiveTypeEnabled archive_type="Author-Monthly">
<mt:ArchiveList archive_type="Author-Monthly"><$mt:Var name="CREATEURL"$></mt:ArchiveList>
</mt:IfArchiveTypeEnabled>
<mt:IfArchiveTypeEnabled archive_type="Author-Yearly">
<mt:ArchiveList archive_type="Author-Yearly"><$mt:Var name="CREATEURL"$></mt:ArchiveList>
</mt:IfArchiveTypeEnabled>
<mt:IfArchiveTypeEnabled archive_type="Category">
<mt:ArchiveList archive_type="Category"><$mt:Var name="CREATEURL"$></mt:ArchiveList>
</mt:IfArchiveTypeEnabled>
<mt:IfArchiveTypeEnabled archive_type="Category-Daily">
<mt:ArchiveList archive_type="Category-Daily"><$mt:Var name="CREATEURL"$></mt:ArchiveList>
</mt:IfArchiveTypeEnabled>
<mt:IfArchiveTypeEnabled archive_type="Category-Weekly">
<mt:ArchiveList archive_type="Category-Weekly"><$mt:Var name="CREATEURL"$></mt:ArchiveList>
</mt:IfArchiveTypeEnabled>
<mt:IfArchiveTypeEnabled archive_type="Category-Monthly">
<mt:ArchiveList archive_type="Category-Monthly"><$mt:Var name="CREATEURL"$></mt:ArchiveList>
</mt:IfArchiveTypeEnabled>
<mt:IfArchiveTypeEnabled archive_type="Category-Yearly">
<mt:ArchiveList archive_type="Category-Yearly"><$mt:Var name="CREATEURL"$></mt:ArchiveList>
</mt:IfArchiveTypeEnabled>
</mt:Blogs>
</urlset>


これで、『サイトマップ作製』とか名前を付けて、出力ファイルを『sitemap.xml』としました。

 

 

 

最近人のHPを作っていて、全然更新していなかった・・・・

いかんな~~反省(;一_一)

 

今まで、無料のテンプレートを使っていて、自分のHPに新着情報って事で、載っていた部分だけど、更新ページを自動で表示させたいな~~って思って、色々調べていて、やっとわかった~~~!(^^)!

 

用は、タグの使い方なんだけど、いまだにタグをうまく使いこなせていないし、わかっていない。もっと理解しないといけないけど、本も読んでいて、頭が悪いせいか、ちっとも「へ~そうなんだ~~」って感じにならず、どちらというと、「・・・・・・・????」って感じにしかならない。

 

理解するには時間がかかるけど、とにかくわかるように色々触ってみて失敗を繰り返してみます。(普通の事なのかもしれないけど・・・・)

 

 

ちなみに、更新ページを表示させる方法ですが、

もともとメインページにウィジェットで組み込んであった、新着情報ってウィジェットテンプレートを編集しました。

元々が

<MTEntries lastn="5">
<div class="news">
<div class="day"><$MTEntryDate language="ja" format="%Y.%m.%d"$></div>
<div class="title"><a href="<$MTEntryPermalink$>" title="<$MTEntryTitle$>"><$MTEntryTitle$></a></div>
<div class="clear"></div>

 

って、書いてあった物を、

<MTEntries lastn="5" sort_by="modified_on">
<div class="news">
<div class="day"><$MTEntryModifiedDate language="ja" format="%Y.%m.%d"$></div>
<div class="title"><a href="<$MTEntryPermalink$>" title="<$MTEntryTitle$>"><$MTEntryTitle$></a></div>
<div class="clear"></div>

 

と書き換えました。sort_by="modified_on" が肝だったんです。しかし、ここにたどり着くまで時間がかかった~~。MTやっている人には、当たり前のこと何でしょうね~~ こんな事を書くのも恥ずかしいのかもしれませんが、自分が忘れないように書いておきます。

 

今回、この事を調べるときに、どんな言葉で検索すればよいかよくわからないって事を久しぶりに感じました。

パソコンが分からなくて、わからない時にどんな言葉で検索すればいいかわからないって言っていた人の気持ちが少し感じられました。

 

 

 

 

MTOSにCKE Editorってプラグインを入れて、このブログを書いていますが、MTOSに、記事を時間が経ったら、自動的に保存する機能があります。

 

記事を書いている最中に、保存を忘れないように・・・・・って気遣いから生まれた機能だと思うのですが、IEで記事を書いていると、自動保存が走った瞬間に、マウスのカーソールの位置が文章の頭に勝手に戻るbearing  って事が多発して、書いている最中に急に、カーソールが文章の頭に戻るので、いちいち又、カーソールを、編集中の所にまた持ってきて、続きを書くって事になっていました。 正直、結構面倒だし、腹も立つので、この自動保存ってやつを無効にする事にしました。

 

皆、結構そう思っているみたいで、ネットに記事はいっぱいあるし、MTのサイトにも書いてありました。

ここを参考にしました。

MT4、5で自動保存をなくしたい(Movabletype)

 

MTの公式サイトの解説はここ

AutoSaveFrequency」

 

要は、設定ファイルに、「mt-config.cgi」ってファイルがあるので、ファイルの最後にでも良いので、

AutoSaveFrequency 0

を追記してあげればよいみたいです。

 

これで、自動保存が働かない為、結構作業が楽になりました。happy01

 

※これらの事は、自分の経験上だけの話なので、この通りにやってうまくいかなくても、責任は持てませんので、あくまで自己責任で行ってください。お願いしますconfident

 

このページの上部へ

ネットワーク、パソコン サーバ設定

ネットワーク構築ホリテック

 

紆余曲折しながら、独立して中小企業様向けのネットワーク構築
保守、パソコン サーバ、設定運用管理を行っています。ホームページの作成も行っています

ホームページ

 

facebook

 

 

 

 

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

 

Microsoft Public Affiliate Program (JP)

サイト内検索

最近のピクチャ

  • yyyy-m-d_h-n-s_28o-00.png
  • maltipointtonnel_kensyo.png