IPv6環境構築(IPoE+DS-Lite) その1

書くのが大変だったので、二つに分けて記事を書こうと思います。

 

元々、PPPoE接続が遅い!! って事で、IPv6にしたいな~という事から始まりました。

 

ただ、IPv6と、IPv4は互換性がない為、IPv4のアドレスしかもっていないサイトや、サービスは見ることができない。

 

そこで、IPv4と、IPv6の相互接続の為に、色々な方法が考えられています。(DS-Lite、MAP-Eなど)

 

自分が使っているプロバイダが、DS-LIte対応をしたので、DS-Liteで、設定を行う事にしました。

 

使用機器は、NTTのレンタル機器『PR-400KI』に、YamahaRTX830、NetgearGS408EPP、CiscoWAP361という構成です。

network_rei.png

 

 

プロバイダに、IPv6が使いたいよって申請します。(この時プロバイダが、NTTのフレッツ側のIPv6の申請も一緒にしてくれました)

次の日には、IPv6作業完了メールがきました。

 

この段階では、NTTのレンタル機器のPR-400KIしかついていなかったのですが、特に何もしなくても問題なくインターネットは見れました。

 

だけど、これでは、DS-Liteは使えていないので状態です。IPv4へのアクセスは今までのPPPoEアクセスなので、スピードは特にかわりなくって感じです。

 

そこで、YamahaのRTX830のLAN2(WAN)ポートをPR-400KIのLAN側に接続して、設定します。

 

次回YamahaのRTX830設定例を記載します。

Track Back

Track Back URL

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

ネットワーク、パソコン サーバ設定

ネットワーク構築ホリテック

 

紆余曲折しながら、独立して中小企業様向けのネットワーク構築
保守、パソコン サーバ、設定運用管理を行っています。ホームページの作成も行っています

ホームページ

 

facebook

 

 

 

 

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

 

Microsoft Public Affiliate Program (JP)

サイト内検索

最近のピクチャ

最近のコメント