前のTeraTermのマクロを作成していて、Linuxのコマンド投入する為に、sedを使えばよいか!って思っていたら・・・・・

 

あれ、しばらくやっていなかったから、全然できない~~!!!(;一_一)

 

ってなってしまいました。

 

恥ずかしい・・・やっぱり少しやっていないだけで、こんなことになるんだって改めて認識・・・・

 

https://bi.biopapyrus.jp/os/linux/sed.html

 

また勉強しなおしです。といっても、簡単なことであれば上記を参照にすぐに書けるので、作業の自動化、検索等でうまくできりようになるべく使おうと思います。

ネットワークをやっている人は誰でもやっているとは思いますが、その場その場で、設定が必要な都合上、特に必要と感じることなくやってきました。

 

ただ、今RasberryPi3を使用して気軽にVPNをできる装置を作成して、お客様に設置しているのですが、最近数が増えてきて、毎度ユーザ名とパスワード、ポートの変更 またはシリアルポート指定とかするのが面倒になってきたので、マクロを組んで楽に作業ができるようにしようと思い、やってこなかったマクロを組むのをはじめました。

 

あまり難しいことはしていませんが、sshで、公開鍵を使用、ポートも変更してあるのを、サクッとログインできるためのマクロを下記を参照に作成しました。

https://www.j-oosk.com/

 

ほぼ丸パクリですが、こんな感じです。

;================================================
;; 引数
HOSTADDR = 'IPアドレス記載' 
USERNAME = 'ユーザ名' 
PASSWORD = 'パスワード' 
KEY_FILE = 'PC内のkeyファイルをフルパスで指定'
PORT_NUM = ':ポート番号を記載。(例:22  :を忘れないように)'
;============================================== 
COMMAND = HOSTADDR 
strconcat COMMAND PORT_NUM
strconcat COMMAND ' /ssh /2 /auth=publickey /user=' 
strconcat COMMAND USERNAME 
strconcat COMMAND ' /passwd=' 
strconcat COMMAND PASSWORD
strconcat COMMAND ' /keyfile='
strconcat COMMAND KEY_FILE
strconcat COMMAND ' /F='
 

connect COMMAND
 

end

 

 

 

やってみて、こりゃ楽! ってやっと気づいたので、もっと勉強してみようと思っています。

今まで、Trancendの32Gのカードを使って、RaberryPi3のイメージ焼いていたのですが、新しい製品がTrancendから発売されたため、そちらを購入して、イメージを焼きこんだらRasberryPi3が起動しない(;一_一)

 

なんでだろうと、悩んでいて、ふと気がついたのですが、前に製品と、新しい製品で、Windows上で言うと、容量が違うことに気付きました。

 

前の製品はWindows上では29.8Gぐらい、新しい製品が28.8Gぐらい・・・・・・

 

32Gの同じで容量で、なんで容量が違うの?って思ったのですが、下記のサイトに記載がありました。

http://uzurea.net/flashmemory-capacity-and-spec/

 

同じ32Gでもロット違いで、容量が変わってこともあるみたいで、製品ごとで、結局違うみたいです。

 

前にTrancendのために作成したイメージは、使える目いっぱいに容量を使用領域に与えたため、同じでイメージで、新しいSDカードに入れるとOS自体が立ち上がらない事になったみたいです。

 

そのため、一から作り直し、領域も少なめに設定したイメージを作成したところ、無事RasberryPi3が動き出しました。

 

動作確認が取れたSDカードは、

 

【Amazon.co.jp限定】Transcend microSD カード 32GB UHS-I Class10 Nintendo Switch/3DS 動作確認済 TS32GUSD300S-AE

 

【Amazon.co.jp限定】シリコンパワー microSD カード 32GB Nintendo Switch 動作確認済 class10 UHS-1対応 最大読込85MB/s アダプタ付 永久保証

あと、東芝と。I/Oデータの32Gの物も確かめてみようと思っています。

って記事がありました。

 

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/07/news012.html

 

やっぱり、アップデートは遅らせた方がよいかな・・・・

 

お客様の所に納入した又は、設定したPCは、何か起こるといけないから、アップデートを遅らせているけど、やっぱり正解でした。

と言っても、下記に記載しますが、HomeEditionでは、以下の設定はできません、企業用のProffesionalを使用している方向けの話です。

 

設定画面にアクセスし、(コントロールパネルではありません。画面右下の□をクリックして、すべての設定をクリックすると、簡易設定画面が起動します)、「更新とセキュリティ」をクリック。

 

「更新プログラムの設定」の「詳細設定」をクリック。「更新プログラムをいつインストールするか選択する」の項目を設定します。

 

バージョンのよってこの先の設定は違いますが、半期チャンネルとか、CurentBusinessとかの項目を変更します。

 

 

あるお客様の所で、Windows10を導入した際に、ユーザ名とパスワードはあっているはずなのに、スキャナのデータがPCに飛ばせない事象がありました。

 

結論から言うと、SMBのバージョンに違いと、認証の方法も変更の必要がありました。

 

参照:https://www.muratec.jp/ce/support/help/win10-1/

 

ちなみに、SMB1.0はランサムウェア対策で、アップデート後に無効にされたみたいです。

 

お客様には、複合機のアップデートを業者にお願いした方が良い旨をお伝えしました。(それか、リース切れで、新しい機器を導入するかになるとは思いますが)

 

少し古い複合機を使用していて、スキャナ機能を使う方は、Windows10の設定を上記URLを参照に変更してみてください。

新しいアップデートがこんなことになっていたんですって。

https://gigazine.net/news/20180927-google-chrome-69-feedback/

 

個人的には、Cookieを削除してもGoogleのCookieだけは残ってしまうというのが、一番気になりました。

 

一応新しいアップデートの際には、仕様変更されるとの事なので、個人としては、しばらくChrome使用禁止かなって感じです。

 

https://support.mozilla.org/ja/kb/how-do-i-turn-do-not-track-feature

 

トラッキングは、ホームページを見たユーザの行動を記録・追跡することで、HPを見たユーザーの行動を追跡することで広告の最適化などを行っています。

(だから例えばアマゾンとかで、購入した関連物が表示されたりします。)

 

大量のトラッカーがユーザーをつけまわしている状態はブラウザーの処理速度を低下させるというの側面があります。

 

その為らしいのですが、Firefox63から、トラッキングがデフォルト無効にしてあります。

 

設定で、有効にもできます。

 

 

ちなみに私は、トラッキングを無効のままにしてします。

レアなケースだと思いますが、昨年、マルチポイントVPNを使って、拠点間VPNを構築しようと思ったのですが、その際に、NVR700Wで、内線VoIPも使用しようとすると、電話ができないエラーが起きました。

 

昨年の記事

https://www.hori-tec.net/works/2017/1108_165107.html

 

その不具合の修正ができましたという下記のようなメールが本日届きました。

***************************************

この度は大変長らくお待たせしてしまい、誠に申し訳ございません。

本件につきましてはファームウェアの不具合であることが確認出来ましたので、
先般リリースしたRev.15.00.14にて修正をおこないました。

~~~~~~~~~~以下省略~~~~~~~~~~~~

***************************************

 

http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/docs/relnote/Rev.15.00/relnote_15_00_14.txt

 

 

その不具合を偶然見つけただけですが、わざわざその不具合修正が終わりましたというメールを送って頂き、なんだかYamaha対応丁寧だな~と感心してしまいました。

 

不具合修正の26項目に一行載っているだけですが、何だかちゃんと対応してくれたYamahaに、こういう積み重ねで信用ってできるんだな~と感心すると共に勉強になりました。

 

 

結局、お客様の所に伺ってすぐには対応できなかったので、専用業者にお願いして頂いたのですが、結構悔しかったので、じっくり調べてみたら、Rpaidに対応のサイトを複数発見!

(全部英語ですけどね)

 

Rapidはバージョンが色々あるみたいで、それぞれの対応方法のURLを記載します

 

v2

https://www.bugsfighter.com/remove-rapid-2-0-ransomware-and-decrypt-rapid-or-paymeme-files/

 

v3

http://malwarewarrior.com/remove-rapid-v3-ransomware-and-decrypt-rapid-files/#decrypt

 

ここにそれぞれ、decrypt(復号化)のツールの紹介をありました。早く気が付いていれば・・・・

 

と言ってもそこまで英語が得意ってわけではないので、すぐに対応はできなかった可能性は高いですけどね・・・・・

 

もっと英語もガンバロっと

初めてのお客様の所に 伺ったのですが、ランサムに感染したとの事でした。


結論だけ記載しますと、色々ツールを用意したのですが、何もできませんでした。



緊急との事だったので、復元はできないかもしれませんが、伺ってできるだけの事はします。という条件で伺いました。



感染していたのは、今年に入って、ヨーロッパで猛威を振るっているrapidという種類で、カペルスキー、トレンド、マカフィーのツールでは復元は不可能(rapid未対応だった為)で、専用業者にお願いするようにお客様に言いました。


何もできないのは、すごく悔しかったのですが、構築専門なんで無理でした(ToT)

 

お客様のセキュリティソフトはどことは言いませんが、あまり良い製品ではなかった為、これからの為に、トレンド、シマンテック等のビジネス用に製品を導入する事をお勧めしました。一応感染したPCには、カペルスキーの体験版だけを導入し、他に変なものがないかは確認しました。

 

しかし、rapidの記事を読むと、言い方はよくないですが、よくこんなもの創るなって思います。

 

金がもうかるからと判断したからですかね・・・・(韓国では実際レンタルサーバが、感染して、億単位の金を支払って、復号化を順次しているとの情報もあります)

https://japan.zdnet.com/article/35102873/

 

一応 Rapidの情報があるサイトを記載します。
https://eset-info.canon-its.jp/info/virusinfo/detail/win32_filecoder.rapid.a
http://uirusu.jp/rapid-%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%82%a2/

このページの上部へ

ネットワーク、パソコン サーバ設定

ネットワーク構築ホリテック

 

紆余曲折しながら、独立して中小企業様向けのネットワーク構築
保守、パソコン サーバ、設定運用管理を行っています。ホームページの作成も行っています

ホームページ

 

facebook

 

 

 

 

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

 

Microsoft Public Affiliate Program (JP)

サイト内検索

最近のピクチャ