Rasberry Pi4で、VPN機器を構築し、販売いたします。

RasberryPi4____.png

中小企業向のリモートワークの為、会社と安全に接続するための機器をRasberry Pi4 を元に、構築し、販売いたします。

 

Linux、SoftEther VPNを元に、構築しました。管理もしやすいように、Webブラウザで管理できるようにしました。(SoftEther VPNは,専用ソフトで、管理します)

 

弊社以外でも、販売しております。

販売代理店:株式会社シンワテック(リンク先HP:シンワテック.png

 

 

有用な人材をリモートワークで活用

ご自宅でしか仕事ができないなどの理由で、人材が有効に利用できていない企業様は多いと思います。その為、大手企業で、クラウドを利用したシステムで情報共有がしやすいようにしていますが、月額の金額等を考えた時、中小企業様で導入しづらいという一面があります。

 

社内で、データ共有用のパソコン、NAS、ファイルサーバで、情報を共有されている場合、弊社のSoftEtherを利用したVPNによって、インターネットから、安全に社内にアクセスしてもらい情報を共有するのがよいと考えています。

 

一部の外国からは、アクセスができない所もありますが、外国からもアクセス可能です。

 

遠隔地メンテナンス用に使用

弊社でも行っていますが、メンテナンス用途で使用もできます。IPで管理する機器は多々あると思います。(ビジネス電話機、工場機器等)

それらを、現地に赴かなくても遠隔地から安全に、アクセスし設定ができます。

 

 

SoftEther VPNとは?

SoftetherVPNは、ソフトイーサ社と筑波大学の共同研究によって開発・公開されている、PacketiX VPN のフリーウェア版です。

SoftetherVPNの詳細は、http://ja.softether.org/を参照してください

※ソフトイーサ社から抜粋

SoftEther VPN はオープンソース・ソフトウェアです。SoftEther VPN は任意の個人的または業務用途に無償で使用していただくことができます。

Softether VPNの著作権はソフトイーサ社にあります。

 

SoftEtherの主な特徴

SoftEther参照サイト:https://ja.softether.org/SoftEther_VPN_Features

 

 

ネットワーク機器の設定不要

社内のネットワーク機器(ルータ、ファイヤーウォール)の設定変更をしなくても、アクセスできます。

注:L2TPIPsec, IPsecの通信では必要です

その為、設定が楽にできます。

 

オープンソース・ソフトウェア

オープンソース・ソフトウェア( Apache License 2.0 )の為、ソフトウェアの料金、ライセンス料金はかかりません。その為、Rasberry Pi4 with VPNでは、安価が実現できました。 (1回設定してしまえはユーザの追加等に追加料金はかかりません。)

 

多種なVPN接続が可能

設定が楽な、リモート接続と、拠点同士も結ぶ拠点間LAN接続が可能です。

リモート接続の場合は、中心となる拠点に機器1台が必要となり、あとはパソコンにソフトのインストール設定をして使用します。

拠点間LAN接続の場合は、拠点ごとにの『Rasebrry Pi 4 with VPN』が必要です。

 

暗号化の強度が高い

VPNでは暗号化して、拠点間及びパソコンと拠点を通信を行いますが、強度な暗号化を行っています( AES 256-bit および RSA 4096-bit の強度の暗号化。)

 

ルータにL2TPIPsec用の穴を設定して空けてVPN接続をする方法もございますが、基本的にお勧めしません。搭載Linuxの脆弱性が発見された場合も含めて、セキュリティのリスクを減らすため、ネットワーク機器の設定をあまり変更しない仕様をお勧めします。

 

 

Dokuwiki(社内文書管理)も搭載

DokuWikiは、ウィキペディアのように、Webブラウザから自由に閲覧、編集が可能なデータベースを前提としない、使い易く汎用性の高いオープンソースのソフトウェアです。

参照:https://www.dokuwiki.org/ja:dokuwiki

例として以下のように利用できます。

•請求書発行 休日の申告の仕方などの手順書を自由に作成し、それに伴うファイルもダウンロードできるようできます

•議事録を記載し、社員にすぐに共有できるようにできます。

•社内のお知らせを記載し、いつでも見れるようにできます。

•技術的なマニュアルを記載し、それぞれの気になった事をどんどん修正追記して、時代にあった自分の会社なりのマニュアルを作成、更新ができます。

Dokuwiki_rei_00.png