2016年2月の記事一覧

なんかすぐに気が付いたからよかったけど、お客様から、NASへのアクセスがうまくいかないって申告があって、見てみたら、通常のファイルは普通に開くけど、Accessで何かやっているのがうまく動作しないって事でした。

 

そこで、ふと思い出したのが、タイトルにあるoplocl(Opportunistic Locking)の事を書いている記事を見たのをふと思い出しました(偶然トラブルの近辺に見た記事でした)

記事:Windows7でsambaのファイルがうまく開けない件について(oplocks死すべし)

 

ここによると、oplockは

「ネットワークの効率化を狙う、Windows固有の機能。複数のプロセスが同じファイルをロックでき、なおかつクライアントがデータをキャッシュできる。」

 

って事と、そこの少し下に、

****************************

Oplocksの危険性

Oplocksが狙い通りに動けば、目的通りネットワークの効率化が図られる。
問題なのはネットワークに何か問題が起こり、キャッシュが適切にフラッシュされない場合。ともするとファイルの破壊を引き起こす。
とくにデータベースが危険。

**********************

ってあるじゃないですか~~~(゚Д゚)

 

 

NASのマニュアルを見直すと、こんな記載も発見

『便宜的ロッキングは、クライアントのパフォーマンス向上を図ってデータをローカルにキャッシュする目的で、サーバーに置かれたファイルに便宜的ロック (oplock) をかける Windows のメカニズムです。Oplock は日常使用のためにデフォルトで有効になっています。複数のユーザーがデータベースなどの同じファイルに同時にアクセスする必要があるネットワークの場合、oplock を無効にする必要があります。

 

・・・・・・・・・・・気が付かかなった(-_-;)    そこで、oplockを無効にして、無事お客様の求める動きに戻りました。

 

Accessのデータとか、データベースとか使う可能性があると思うので、これからは最初から、oplockは無効にしておこうと思います。

 

しかし、この話は有名な話だったんですね。知らかなかったのが恥ずかしいです。また勉強になりました

 

2か月ぶり!!!

 

忙しさにカマかけて、全然書いていませんでした、今あるお客様の社内ネットワークを構築しているのですが、ファイルサーバの構築もしていて、NASでファイルサーバを構築しています。

 

セキュリティ的に固くしてほしいという事で、どうしようかな・・・・・って思っていたら、NASでも2段階認証の物が最近出始めているのを発見!!

 

2段階って何?って所ですが、通常のパスワード認証+Google authenticator(goolge認証っていう、スマホアプリ)で、2つがそろって初めてNASにログインできる形です。

 

google authenticatorは、NASで設定した時に、スマホに入れたアプリとの連携設定した後、ワンタイムパスワードを発行するタイプのもので、時間によって、どんどん変化していきます。

 

その為、固定のパスワードとランダムに変化するパスワードをいれて初めて入れるという代物です。

 

会社に勤めていた時に、VPN用のワンタイムパスワードの機械があって、やっているのを見たことあったのですが、今はこんな感じでできるんだ~~~って妙に感動しました。

 

今は管理者用のアカウントのみ、2段階認証を設定していますが、どこまでやるかは、お客様と相談って感じです。

 

 

このページの上部へ

ネットワーク、パソコン サーバ設定

ネットワーク構築ホリテック

 

紆余曲折しながら、独立して中小企業様向けのネットワーク構築
保守、パソコン サーバ、設定運用管理を行っています。ホームページの作成も行っています

ホームページ

 

facebook

 

icon icon

 

マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune Microsoft Store (マイクロソフトストア) Microsoft Store (マイクロソフトストア)

サイト内検索

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ ネットワーク・SEへ
にほんブログ村

最近のピクチャ

  • font_before.png
  • MOM_error.png