CentOS7を使って、VPNサーバを構築しようとしているのですが、CentOS6から大きく変わったことに、しばらく気が付かず、コマンド設定しようとしてびっくり!!!うわ~~ 恥ずかしい・・・・・・


やっぱり日頃ちゃんとさわっていないとダメだな~~と改めて感じました。


インストールは、画面通りで、行えばよいと思いますが、ぼくの場合は、後、最少構成に、以下の項目もチェックをいれてインストールしました。

  • デバックツール、 
  • 互換性ライブラリ、 
  • 開発ツール、 
  • セキュリティツール、 
  • スマートカードサポート、 
  • その他開発

 

それで、インストール後に、CUIでネットワークを設定。以下のコマンドです。

(CentOSは、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg~~を直接編集はおすすめをあまりしないそうです。)

※ ホスト名設定
[root@localhost ~]# hostnamectl set-hostname hogehoge.localdomain

# デバイス確認
[root@hogehoge ~]# nmcli d  →d はdeviceの略
DEVICE        TYPE   STATE      CONNECTION
ems32   ethernet  connected  ens32
lo          loopback  unmanaged   --

デバイスの命名規則も、変更になったようです。http://thinkit.co.jp/story/2014/12/25/5412を参照してください。

 

今回は、eth0にあたるのは、ems32です。

※デバイス設定を確認

[root@hogehoge ~]# nmcli d show ens32
GENERAL.デバイス:                       ens32
GENERAL.タイプ:                         ethernet
GENERAL.ハードウェアアドレス:           XX:XX:XX:XX:XX:XX
GENERAL.MTU:                            1500
GENERAL.状態:                           100 (接続済み)
GENERAL.接続:                           ens32
GENERAL.CON パス:                       /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/2
WIRED-PROPERTIES.キャリア:              オン
IP4.アドレス[1]:                        192.168.1.2/24
IP4.ゲートウェイ:                       192.168.1.1
IP4.DNS[1]:                             192.168.1.1
IP6.アドレス[1]:                        2001:a497:c004:0:7271:bcff:fe3e:fcc5/64
IP6.アドレス[2]:                        fe80::7271:bcff:fe3e:fcc5/64
IP6.ゲートウェイ:                       fe80::225:36ff:fe7c:60eb
IP6.ルート[1]:                          dst = 2001:a497:c004::/64, nh = ::, mt = 100
IP6.DNS[1]:                             2001:a497:c004:0:225:36ff:fe7c:60eb1500 GENERAL.STAT

 

 ※ 固定IPv4アドレス設定 (cは、connectionの略です)

 [root@hogehoge ~]# nmcli c modify ens32 ipv4.addresses 192.168.1.250/24

※ デフォルトゲートウェイ設定
[root@hogehoge ~]# nmcli c modify ens32 ipv4.gateway 192.168.1.1

※ DNS設定
[root@hogehoge ~]# nmcli c modify ens32 ipv4.dns 192.168.1.1

※ IP固定割り当てに設定します。DHCP は "auto"になります
[root@hogehoge ~]# nmcli c modify ens32 ipv4.method manual

# インターフェースを再起動して設定を反映
[root@hogehoge ~]# nmcli c down ems32

[root@hogehoge ~]# nmcli c up ens32
Connection successfully activated (D-Bus active path: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/1)

 

次回は、リモートで設定するために、SSHの設定をします。