たるんだ時に ドニーイェンのフラッシュポイントを観た

 

なんか、疲れちゃってやる気が起きない感じですが、その時に、ドニ―・イェンの『フラッシュポイント』って映画をDVDで観ました。

格闘シーンにくぎ付けになって、体を猛烈に動かしたくなりました。

 

ドニー・イェンは、前から注目していましたが、『SPL』って映画で、結構好きになりました。

 

今回観た、『フラッシュポイント』は香港映画でありがちな、ハードアクション刑事ものですが、自分から観て、特筆すべきところは、内容ではなく、格闘シーンです。ドニー・イェンは、元々アクションスターなんで、殴る蹴る等の、カンフーアクション(って言っていいのかな?)は得意で、動きもとても速くてカッコ良いのですが、今回は、総合の技術も取りいれた格闘シーンがとても良かったです。

 

マウントからの、腕十字という総合ではベタな流れや、派手な飛びつき腕十字とかもありましたが、ガードポジションからの、引き込んでの三角締めとか、映画ではあまり観ないシーンが多々あり、とても見ごたえがありました。

 

こんなこと言うと怒られるかもしれませんが、格闘シーンを観るだけでも面白い映画だと思います。ぜひ見てください。

 

ドニー・イェンはカンフーアクションとしては、とても出来が良かった『イップマン』もありますので、そのうち紹介したいと思います。

 

一応予告編です。少しですが、横四方からの、腕十字とかのシーンも観る事ができます。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hori-tec.net/tool/mt-tb.cgi/96

コメントする

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、ただのメタル好き、アニメ好き、映画好きの独り言が2012年3月 8日 01:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MASTODON 2nd Liviathan ~極彩色のロックorメタル」です。

次のブログ記事は「MASTODON 3rd Blood Mountain ~更に混沌に・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて